YouTuber

井上ジョーの出身大学は?学歴や何か国語喋れるかも気になる!

歌手活動やYoutuberとして大忙しの井上ジョーさん。

本業は歌手なのですが、Youtubeに動画を頻繁にアップしているため、YouTuberに転向したと誤解される事もあるそう(笑)

そして語学にも堪能で、日本語が上手すぎて日系アメリカ人なのに英語が堪能な日本人とよく間違われるなんてエピソードも^^

今回は井上ジョーさんの出身大学は?学歴や何か国語喋れるかも気になる!

これらについてご紹介していきたいと思います!^^

井上ジョーの学歴!出身大学は?

アメリカ生まれ、アメリカ育ちの井上ジョーさん。

出身はカリフォルニア州ロサンゼルスで、高校までは地元の学校に通っていたそう。

Youtubeでもご自身の学生生活の様子をよく語っています


エピソード一つ一つがとても面白いです^^

また、こちらでは日系人としてアメリカで生まれ育った話も話されているので、よかったらこちらもチェックしてみてください^^


日系人アメリカ人日本人の違いをいろいろと語っていて、とても興味深い内容です!

そんなジョーさん、その後大学を受験するわけですが、受けた大学はなんとUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)UCバークレー(カリフォルニア大学バークレー校)

そして両校共に合格しているとのこと!

最新の大学世界ランキングによるとUCLA世界17位UCバークレー世界13位

参考までにお伝えすると、東京大学世界36位京都大学世界65位です。

東京大学より遥か上にランクインする大学に合格するなんて、学力もとんでもなく優秀!

大学に合格はしたものの、悩んだ結果大学進学はせず音楽活動を優先したそうです。

さて、選んだ音楽の方はというと、製作作業は基本的に全て一人で行い、デビュー後間もなくして人気アニメの主題歌に抜擢!

どちらの才能も飛び抜けています。。

次はそんな井上ジョーさんの経歴は?こちらについて迫っていきたいと思います!

井上ジョーの経歴

井上ジョーさんについて簡単にご紹介^^

名前  井上ジョー
本名  Joe Inoue
生誕  1985年8月30日
出身地 アメリカ・カリフォルニア州
職業   アーティスト・YouTuber

アメリカ生まれアメリカ育ち、日系アメリカ人井上ジョーさん。
本業は歌手ですが、Youtuberでもあり、日本向けYoutubeチャンネルの登録者数は約30万人
作詞家、作曲家、編曲家、サウンドエンジニア、音楽プロデューサーまでこなす才能あふれる方なんです!

本業の歌手の経歴ですが、

2007年9月19日にミニアルバム「IN A WAY」でデビュー。
2008年12月17日「CLOSER」が、テレビ東京系アニメの”NARUTO -ナルト- 疾風伝”の第4期オープニングテーマに抜擢され人気に火が付きます!

『CLOSER』

大人気アニメの主題歌ということもあり、曲を耳にしたことがある方も多いのでは?^^
デビュー翌年に大人気アニメのオープニングテーマに抜擢とは、かなりの快挙ではないでしょうか?^^

ご自身の歌手活動の他にも、”関ジャニ∞”や女性アイドルグループ”私立恵比寿中学”へ楽曲を提供するなど、作詞作曲家としても活躍しております!

次は、そんな才能あふれるジョーさん、いったい何か国語喋れるの?という疑問についてお答えします^^

何か国語喋れるの?

UCLAやUCバークレーに合格するほどの頭脳の持ち主井上ジョーさん!

いったい何か国語話せるの?と気になりますよね^^

確かに一般的に幼いころから2カ国語を話す環境で育つと、第3言語、第4言語の習得も早いとはよく言います。

ジョーさんは何か国語話せるかというと、

英語日本語の他に、ポルトガル語北京語スペイン語も日常会話レベルで話すことができるそう!

本当にスゴイ!!

そしてその他にもタガログ語フランス語ルーマニア語なども勉強しているそう。

過去には、20言語以上で曲をリリースしたこともあります!

音楽活動で世界中を飛び回るジョーさん、各地でのインタビューも今では通訳なしで行うそう!

語学の才能に溢れていて、日系アメリカ人なのに日本語が上手すぎて英語が堪能な日本人によく間違われるというエピソードも理解できます(笑)


こちらでジョーさんはなぜ日本語が上手いの?という疑問について答えていますのでチェックしてみてください^^


言語に対する思いを熱く語っております!^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

学業、音楽、そして語学の才能にもあふれている井上ジョーさん!

Youtubeは現在も頻繁に更新されているので、よかったらチェックしてみてくださいね!

今後の活躍にも期待していきたいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!