政治家

山本拓(高市早苗の元旦那)は反社ではない!噂の原因を考察!

自民党の総裁選に正式に出馬表明をし、今話題の高市早苗前総務相。

女性初の総理大臣も期待されていますが、そんな高市早苗前総務相の元旦那である山本拓衆院議員が反社ではないかと噂が流れています。

山本拓さんは、本当に反社なのか?

なぜそんな噂が流れてしまったのか?

真相を調べるとともに、噂の原因を考察してみました!!

山本拓(高市早苗の元旦那)の反社はデマ!なぜそんな噂が?

出典:https://color-creation.jp/takaitisanae/

高市早苗さんの元旦那である山本拓さんが反社ではないかという噂が流れています。

実際は、その噂は全くのデタラメなんです!!

山本拓さんの経歴を確認してみましたが、反社であるという事実も確認できませんでしたし、特に怪しい部分もありませんでした。

では、なぜそんな噂が流れてしまったのでしょうか?

デタラメな噂が流れた原因は2つあるのではないかと考察してみました!!

野田聖子が原因?

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/35491f2b88b9ce676dcbeacb0a90abd813ae97fc

1つ目の原因は、高市早苗さんと同じく自民党の総裁選に立候補している野田聖子さんにあるのではないかと思われます。

正確には、野田聖子さんの旦那である野田文信さんです。

野田聖子さんの旦那である野田文信さんは、2018年8月に『週刊新潮』によって、「元反社ではないか」と報道されました。

この記事の内容について、野田文信さんは、名誉棄損として東京地裁に訴えを出します。

そして、2021年4月21日に裁判の判決が下りました。

裁判の結果、野田文信さんの請求は棄却。

この裁判で一番重要な部分であった、『野田文信さんは元反社である』ということを裁判所が事実として認めるという異例の認定がされました。

この事実を同じ女性議員で、総裁選に出馬していることから、高市早苗さんの元旦那の山本拓さんが反社ではないかと勘違いされてしまったようなのです!!

高市早苗さんも山本拓さんも、この裁判に関しては全く関係がありません。

つまり、野田夫妻に巻き込まれてしまって、根も葉もない噂が流れてしまったようなのです!

高市早苗さんと山本拓さんからしたらとんだ迷惑な話ですよね!!

ネットの検索で『反社』の文字

2つ目の原因としては、ネットでの検索にあるのではないかと考えられます。

ネットで『高市早苗 旦那』と検索しようとすると、検索の候補の一番上に『反社』という言葉が出てきています。

今話題である高市早苗さんを調べる方は多いかと思いますが、その際に『反社』という言葉が表示されてしまえば、高市早苗さんの旦那は反社なのか?と勘違いしてしまう人が出てきてもおかしくはありません!!

野田聖子さんが噂の発端ではありますが、このような小さな積み重ねによって噂が流れてしまっている可能性は十分に考えられるかと思います!

山本拓(高市早苗の元旦那)ってどんな人?離婚の理由・原因も!1
山本拓(高市早苗の元旦那)ってどんな人?離婚の理由・原因も!高市早苗さんが自民党総裁選に出馬を表明し注目を集めてますが、離婚歴があります。 元旦那は衆議院議員である山本拓さんです。 表面上は政治スタンスの違いにより離婚となっていますが、本当の理由・原因を調査してみました。...

噂の浸透度は?

出典:https://www.zakzak.co.jp/soc/news/170720/soc1707200020-p2.html

高市早苗さんの元旦那である山本拓さんは反社ではないかという噂ですが、実際のところどのくらい噂は浸透しているのでしょうか?

個人的にも気になったので、調べてみました。

私が調べた範囲では、山本拓さんを反社だと勘違いしている人は見受けられませんでした。

高市早苗さんと野田聖子さんを混同している人はおらず、正しい情報を把握しているようです。

ツイートしているくらいですので、選挙に関心がある人達なのでしょう。

そう考えると、しっかりと調べているのは当たり前ですよね。

もしかすると、選挙にあまり関心がない人が勘違いしてしまっている可能性はあるかもしれません。

ですが、これだけ正しい情報が出回っていれば、山本拓さんの根も葉もない噂を信じる人は少なくなるのではないでしょうか?

これを機に、デタラメな噂に惑わされないよう、自分自身で正しい情報をつかむ必要がありそうですね!

まとめ

今回は、今話題の高市早苗さんの元旦那である山本拓さんの噂について調べてみました!

山本拓さんが『反社』という噂は全くのデタラメでした!!

総裁選を控えた大事な時期に、全くのデタラメな噂を流されてしまって、高市早苗さんからしたら大迷惑かと思います。

ですが、デタラメな噂には負けず、女性初の総理大臣を目指して頑張ってほしいですね!!