政治家

高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介

高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介1

高市早苗さんが、2021年9月8日、自民党総裁選に出馬を表明しました。

もし当選した場合、日本初の女性総理となることで、世間をさわがしています。

ですが、別の話題でも世間をさわがしていることをご存知でしょうか?

それは、高市早苗がウィッグをつけているのでは?という噂です。

この記事では、ウィッグをつけることになった原因を調査し、過去と現在の画像を比較して噂の真相を明らかにしてみたいと思います。

高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!

結論から述べますと、ウィッグをつけていることは事実と思われます。

高市早苗さんの過去と現在の画像を比較してみたいと思います。

・2016年と2021年
高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介2出典(2016):https://toyokeizai.net/articles/-/146213
出典(2021):https://www.chunichi.co.jp/article/327695

・2017年と2021年
高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介3出典(2017):https://www.sanae.gr.jp/album_tokyo_2902.html
出典(2021):https://www.chunichi.co.jp/article/327695

・2018年と2021年
高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介4出典(2018):https://president.jp/articles/-/26623?page=1
出典(2021):https://www.chunichi.co.jp/article/327695

・2019年と2021年
高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介5出典(2019):https://www.sankei.com/affairs/amp/200107/afr2001070015-a.html
出典(2021):https://www.chunichi.co.jp/article/327695

・2020年と2021年
高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介6出典(2020):https://www.sanae.gr.jp/album_tokyo_3295.html
出典(2021):https://www.chunichi.co.jp/article/327695

2019年までは、前髪が薄く、トップにボリュームがなく、分け目から頭皮が目立ちます。

しかし、2020年に変化が見られます。
2020年の画像を比較してみます。

・2020年5月
高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介7出典:https://www.sanae.gr.jp/album_tokyo_3641.html

・2020年6月
高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介8出典:https://www.sanae.gr.jp/album_tokyo_3585.html

画像を比較してみた結果、2020年6月ごろからボリュームアップしているように見えます。

前髪が濃くなり、分け目から頭皮が見えなくなり、全体的に毛量もアップしています。

では、なぜウィッグをつけるようになったのでしょうか?

高市早苗がウィッグをつける理由

高市早苗さんがウィッグをつけているという事実は見つけられませんでした。

ですが、調べている過程で、ウィッグをつけている理由となりそうなものがいくつか見つかりました。

  • 1.加齢による薄毛
  • 2.病気による薄毛
  • 3.若い時から薄毛に悩んでいた?
  • 4.身だしなみとして
  • 5.男性に舐められたくない

1.加齢による薄毛

女性は30代後半から、40代前半で薄毛に悩まされる方が多いそうです。

30代後半から本数が徐々に減っていき、40代後半から髪の毛1本1本が細くなり、抜け落ちやすくなるそうです。

高市早苗さんは現在60歳ですので、年齢的にも薄毛に悩まされるのはしょうがないかもしれません。

2.病気による薄毛

高市早苗さんは2013年に「関節リウマチ」という難病であることを告白しています。

「夜は手足の関節にモーラステープという鎮痛消炎薬を貼ってから寝て、朝は早めに起き、お風呂に入って手指の強張りをほぐしています。そうしないと、早朝の会議でメモを取れないものですから」

「(薬を服用しても)膝の激痛は変わらず、議員会館の廊下で立ち止まり、息をつくこともあった」

「これ以上、足が悪くなってしまった場合は、車イスも覚悟している」

「現在も治療中ですが、薬を替えたところ、症状が改善しましたので、仕事には全く影響ありません」

出典:https://www.dailyshincho.jp/article/2019/09261131/?all=1

関節リウマチとは、体の関節などに炎症を引き起こし、激しい関節痛や、関節の変形をおこす病気です。

自己の免疫機能が異常を起こし、体内の物質を異物だと勘違いしてしまい、免疫が攻撃してしまうことが原因といわれています。

免疫の異常により、毛根が攻撃され脱毛が起こってしまったり、血液の循環機能が低下し、頭皮へ送られるはずの栄養が行き渡らなくなり、髪が抜けやすくなったり、と抜け毛にも影響があるようです。

3.若い時から薄毛に悩んでいた?

高市早苗さんは32歳で衆議院議員に初当選しました。

初当選時の画像がこちら。
高市早苗はウィッグなの?過去と現在を比較!ネットの反応も紹介9出典:https://iwj.co.jp/wj/open/archives/306091

この画像から、前髪が薄く、トップにボリュームが無い印象を受けませんか?

もしかしたら、若い時から薄毛に悩んでいたのかもしれません。

4.身だしなみとして

国会審議中継や記者機会見などで高市早苗さんの姿が放送されることはありました。

2020年からは、YouTubeやTV出演などが増え、高市早苗さんメインで表舞台に出てくることが増えてきました。

表舞台に立つことが多くなったことで、身だしなみとしてウィッグをつけ始めたのも1つの理由として考えられます。

5.男性に舐められたくない

高市早苗さんは、憧れの政治家としてマーガレット・サッチャー氏を挙げています。

マーガレット・サッチャー氏は、イギリスで初の女性首相で、非常に強い信念を持ち、厳しい発言もすることから、「鉄の女」という異名を持っています。

高市早苗さん自身も、似たような性格であることが予想されます。

また、過去の経験から、男性社会へいら立ちをつのらせていたようです。

議員の大半は男性であり、政治の世界は男性社会で成り立っています。

最終的な決断も、男性の世界で決められることが多いそうで、女性議員であることを理由に、男性の世界に入れてもらえなかった経験があるそうです。

以上のことから、男性に舐められることを嫌う性格であることが読み取れます。

舐められないためにも、薄毛という弱点を隠すために、ウィッグをつけ始めたと考えることもできます。

高市早苗に対するネットの反応を紹介

Twitterからネットの反応を集めてみました。

これ以外にも、ウィッグを気に掛けるネットの反応が数多く見つかりました。

最近、テレビ出演も多くなり、見かける機会も増えましたので、ウィッグを気に掛ける声が増えつつあります。

中には、病気を心配する声もありました。

分け目から頭皮が見えている時の画像と比較すると、若々しい印象を受けます。

やりすぎて不自然、ってほどでもないので、お似合いだと思います。

ウィッグをつけていたとしても、身だしなみを整えるという意味では、良い判断だったのではないでしょうか。

まとめ

真相は明らかにできませんでしたが、身だしなみの一環としてウィッグをつけている可能性が高いと思います。

高市早苗さんは、政治家としてトップに上り詰めることを、最初から視野にいれていたそうです。

身だしなみを整えたことが、総理になるという覚悟の現れなのかもしれません。

日本初の女性総理となった場合、日本に大きな変化をもたらしてくれるでしょう。

今後の高市早苗さんの活躍に注目です。