政治家

高市早苗|英語力の高さはアメリカ滞在経験からだった!学歴・経歴情報も

総裁選に正式に立候補をした高市早苗議員。

女性初の総理大臣を目指すということで、注目を浴びています。

そんな高市早苗議員の英語力はどのくらいあるのでしょうか?

学歴と経歴から調べてみました!

英語がペラペラ!高市早苗議員の英語力

出典:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210908/mca2109081733023-n1.htm

高市早苗議員はどのくらい英語力があるのでしょうか?

まずはこちらの動画をご覧ください!


この動画は、高市早苗議員が総務大臣の頃で、2015年7月22日にホンジュラスのエルナンデス大統領が来日し、会談したときの動画です。

少し聞き取りづらいですが、英語で話していますね。

堂々と話されていますし、英語を話すことにためらいがなく、英語を話し慣れているような印象を抱きました。

英語が苦手な人って、こんなに堂々と話せないですし、そう考えると英語は日常会話くらいなら話せそうな雰囲気があります。

とはいっても、この動画ではあいさつ程度の英語しか話していないので、実際どのくらい話せるのかは分かりません。

経歴も調べてみたところ、高市早苗議員は1987年からの2年間、アメリカに滞在していたことがあることが分かりました。

私の友人はカナダへ一年間留学していましたが、帰ってきたころには日常会話レベルなら、難なく話せていました。

ですので、2年間もアメリカに滞在していたのであれば、英語で会話することは可能かと思われます!

https://eternalphototakayuki.com/etc/sanae-wakaikoro/

高市早苗議員の学歴や経歴は?

出典:https://news.1242.com/article/308889

おそらく英語をペラペラに話すことが出来る高市早苗議員ですが、その学歴や経歴はどうなっているのでしょうか?

また、学歴や経歴から高市早苗議員の英語力を調べてみました!

学歴・出身高校

出典:https://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_bunkazai/bunkazai/spot/unebikoutougakkou.html

高市早苗議員の出身高校は「奈良県立畝傍高等学校」です。

畝傍高校の偏差値は2021年時点で69もあり、奈良県の中では120もある高校のうち8位。

2020年の進学実績を見ると、京都大学を6人も合格させています。

これらから、畝傍高校はとても優秀な高校であることが分かったかと思います。

また、畝傍高校の卒業生の中には、高市早苗議員のほかに元大臣である奥野誠亮さんや元国連大使である吉川元偉さんなどの有名人がいます。

畝傍高校の英語についてですが、畝傍高校はスーパーグローバルハイスクールに認定されているため、英語には結構力を入れているようです。

英語で授業が行われ、クラスメイトと英語で会話をすることもあるようです。

高市早苗議員が在籍したときのことは分かりませんが、もしかしたら昔から英語に力を入れているような学校だったのかもしれないです。

もしそうであるのなら、高市早苗議員は高校生の頃から英語に触れる機会は多かったのでしょう!

学歴・出身大学

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E5%AD%A6

高市早苗議員の出身大学は「神戸大学」です。

経営学部経営学科に在籍しており、経営数学を専攻していました。

神戸大学経営学部経営学科の偏差値は、2021年時点で62.5でした。

英語に関してですが、神戸大学は英語に力を入れているような大学ではありません。

それに高市早苗議員は経営学部経営学科でしたので、英語よりも経営学に力を入れて勉強していたかと思われます。

高市早苗議員の学歴を高校から通してみると、高学歴であることが分かりましたが、英語をどの程度学習していたかは分かりませんでした。

ちなみに、優等生であった高市早苗議員ですが、趣味は意外とロックなものだったりするんです。

高市早苗議員は高校生の頃から、バイクを乗ったり、バンド活動をしていたりしたようです。

バンドに関しては、大学時代は軽音楽部に入っていました。

ドラムを担当し、ヘヴィメタルをやっていたそうです!

意外にもロックな趣味で、結構驚きました。

経歴

経歴についても調べてみました。

高市早苗議員は神戸大学経営学部経営学科を卒業後、就職はせず、松下政経塾に第5期生として入塾しました。

大学4年生の時に、松下幸之助さんに影響を受けたことがきっかけで入塾を決めたそうです。

松下政経塾は、未来のリーダーを育成するために、松下幸之助さんが設立した公益財団法人です。

今の高市早苗議員はここでリーダーとしてのノウハウを身につけたのでしょう。

入塾後、1987年に松下政経塾で「コングレッショナルフェロー」という議会立法調査官として渡米し、パトリシア・シュローダーの個人事務所で働きました。

コングレッショナルフェローとは、簡単に説明すると、アメリカで議会スタッフとして働き、アメリカの政治制度を学んで、理解を深めるものです。

学歴と経歴を通してみると、ここで一番英語力を鍛えられたかと思います!

まとめ

今回は、高市早苗議員の英語力がどの程度あるのか、学歴と経歴から調べてみました!

やはり、2年間のアメリカの滞在していたことを考えると、かなり英語は話せるかと思います。

もし総理大臣になったら、高市早苗議員の英語を話す姿を拝見できるかもしれませんね!

https://eternalphototakayuki.com/etc/sanae-wakaikoro/https://eternalphototakayuki.com/etc/sanae-wic/