政治家

河野香(河野太郎の嫁)の経歴・学歴!実家は明家で帰国子女!?

総理大臣になってもおかしくないうちの一人、河野太郎さん

もし河野太郎さんが総理大臣になったとしたら、ファーストレディになる奥様がどんな方なのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は河野太郎さんの奥様である、河野香夫人がどのような方なのか、この記事を読むみなさんに知っていただくために、

河野香夫人の実家、経歴や学歴について調べてみました。

河野香夫人は帰国子女

河野香(河野太郎の嫁)の経歴・学歴!実家は明家で帰国子女!?2出典元:https://pbs.twimg.com/media/DgRdJnKUEAABWpF?format=jpg&name=large

写真の左側に写っているのが河野太郎さんのお嫁さんの河野香夫人です。

河野香夫人は幼少期の間は、父親の仕事の関係上、オーストラリアで過ごされ、

小学5年生の時にオーストラリアから日本に帰国されたとのこと。

つまり河野香夫人は帰国子女ということになりますね。

帰国子女というワードを聞くと、すでに河野香さんは育ちがいいのではないか?と期待しちゃいますよね。

河野香夫人の経歴・学歴は?

小学生時代

河野香夫人は日本に帰国後は大田区の小学校に転校し、

小学校では「モンスターペアレント」や「学級崩壊」という言葉を造語した、向山洋一さんが河野香夫人の担任を務められました。

向山洋一さんいわく、河野香夫人はゆっくりでノロマな子だったようで、

当時河野香夫人の母親はマイペースな娘が心配だったのか

向山洋一さんに「この子はこのままで大丈夫でしょうか?」と相談したところ、

向山洋一さんは河野香夫人の母親に

「お願いなのですが、早くしなさいという言葉は一言も言わないでほしい。それがこの子の個性ですから」

とアドバイスをされたそうです。

どんな個性であっても、その個性を尊重して育ててくれる向山洋一さんは、ちゃんと生徒一人一人と向き合ってる先生だったんでしょうね。

きっと今となっては、河野香夫人の母親は娘を預けたのが向山洋一さんで良かったと心から思ってるのではないでしょうか。

中学〜大学生

河野香夫人はその後、地道に勉強をして私立難関校の聖心女子学院に入学しました。

聖心女子学院といえば、上皇后美智子様も卒業されている、「お嬢様学校」で有名な名門校ですよね。

入学するだけでも大変な学校なのに、河野香夫人は中学3年生のときに「中学生文部省大賞」を受賞しています。

「中学生文部省大賞」は全国の中学生の間で行われる作文コンクールです。

つまり河野香夫人は当時、日本一作文がうまい中学生に選ばれたということになります。

河野香夫人は聖心女学院を卒業後、聖心女子大学に進学します。

ノロマとまで言われていた河野香夫人がここまでの学歴を残しているのは、

きっと人一倍努力をし続けたからではないでしょうか。

モルガン銀行で社長秘書

河野香夫人は大学卒業後、モルガン銀行に就職します。

モルガン銀行は外資系の中でも最も就職するのが難しいと言われている就職先で、

なんと平均年収が2000万以上で、採用される多くの人が東京大学や6大学出身の学歴の高い人ばかりと言われています。

そんな中で聖心女子大学出身の河野香夫人が、モルガン銀行に就職できたというのはとてもすごいことですよね。

そして、さらにすごいのは河野香夫人はモルガン銀行で社長秘書をしていたという経歴まで残されていることです。

就職するだけでも難しいと言わている会社で、さらに一握りの人しか選ばれない秘書をしていたというのは、

それほど河野香夫人の秘めているものがすごかった証拠だと思います。

河野香(河野太郎の嫁)の経歴・学歴!実家は明家で帰国子女!?4出典元:https://smalistblog.com/wp-content/uploads/2021/09/5-2.jpg

実家は名家?

河野夫人の出身は東京都と言われています。

ですが、実家が群馬県の名家なのでは?と噂されているのです。

ではなぜ出身が群馬県の名家と噂されいるのかといいますと、

河野香夫人は旧姓が「大河原」という苗字なのですが、

群馬県には大河原という名家が実在しており、旧姓の苗字が同じということから、

河野香夫人の実家が群馬県の名家という噂が広まったのはないでしょうか。

実際のところ、河野香夫人の実家は報道で東京都と言われているようですし、

通っていた小学校、聖心女子学院、聖心女子大学すべて東京都内にあるため、

河野香夫人の実家は東京都ということになるのではないでしょうか。

おわりに

こうして河野香夫人の幼少期や経歴・学歴を振り返ってみると、

もしも河野太郎さんが総理大臣になったとしたら、

ファーストレディになるにはじゅうぶんな人生を歩いてこられているのではないでしょうか?

もしファーストレディになったときには河野太郎さんのことを精一杯支えてあげてほしいですね。