芸人

上沼恵美子M-1発言まとめ!審査員としての世間の評価・評判を調査

冬の風物詩となっているM-1グランプリ。昨年は霜降り明星が史上最年少優勝を果たし、大きな話題となりました。

霜降り明星が優勝した瞬間、感情がぐっと上がったのを覚えています!

「まだ若いのに凄い!!!堂々としている!!!」と思いました。

しかし、霜降り明星が優勝したこととは別のことが話題になった年でもありました。

上沼恵美子さんが審査員をしている中での発言を良く思わない、とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんが上沼さんの発言に対しての悪口をネット上にアップしてしまったんです。

ヤフーニュースでも大きく取り上げられていたので、覚えている人も多いかと思います。

これを受けて、上沼恵美子さんの審査員としての評価や評判が気になる人が多いようなので、詳しく調査してみました。

上沼恵美子M-1発言まとめ!

上沼恵美子M-1発言まとめ!審査員としての世間の評価・評判を調査

M-1グランプリでの上沼恵美子さんの発言は毎回楽しみというか、それを含めてのM-1という気がします。

例えばジャルジャルに対して「ファンだけど、ネタは嫌い…」とかトムブラウンに対して「未来のお笑いで、私にはついていけない!」などあります。

個人的にジャルジャルやトムブラウンに関しては、ちょっとトリッキーなネタではありましたが、低い点数をつけるのはどうかと思いますね。

しかし、上沼さんは審査員として公平な評価をしないといけないにも関わらず、感情的に評価してしまうところがあります。

そこが賛否両論あるところだと思います。

なぜなら、M-1グランプリはお笑い芸人にとって聖域とも言える場所だからです。

高校野球でいう甲子園みたいなものでしょうか。

舞台裏の現場映像などでは、芸人さんが緊張のあまり倒れたり、トイレでうずくまったりしてしまっていることもあります。

それもそのはず。

ほんの一握りしか売れないと言われているお笑い芸人にとって、ここで結果を残すことができれば、芸人としての道が開かれる一番分かりやすい結果だからです。

人生がかかっているので、ついつい熱くねってしまう気持ちも分からなくはないですが…

しかし、上沼恵美子さんも後々軽くこの発言ついて謝罪し、今後審査員として公平に評価するように努めるとの意見をバラエティ番組おっしゃっていたので、楽しみに待ちたいです。

審査員としての世間の評価・評判を調査

上沼恵美子M-1発言まとめ!審査員としての世間の評価・評判を調査

ここでは上沼恵美子さんが世間からどのように評価を受けているのかについて調査してみます。

上沼恵美子さんを語る上で、どうしても外せないのが関西とそれ以外地域の温度差です。

関西に5年住んでいた経験からすると、関西での力は絶対的なのは間違いないです。

切れ味鋭いことをズバズバ言って、お茶の間に欠かせない存在です。

実際に関西に住んでいる人の評価、特に40代以上の人は上沼恵美子さんのことを好きな人が多いですね。

しかし、それ以外の地域では、残念ながら知らないという人もいるのも事実なようです。

Youtuberのシバターさん(関東出身)は上沼恵美子さんのことをあまり知らず、M-1の上沼さんについて批判的な評価をしていました。

正直、上沼恵美子さんは全国区ではないのが事実です。

関西とそれ以外ではテレビの露出度も全く違いますし、M-1での発言を受けて、少し悪い評判が流れてしまうのも否めない気持ちです。

さて、少し話は変わりますが、

「上沼恵美子さんについてどう評価するのか?」について芸能界のあの大御所の方はどう評価していたのか?

少しエピソードを評価していきたいと思います。

それは、M-1を作った島田紳助さんです。

昔、『松紳』という番組(島田紳助さんと松本人志さんのトーク番組)で、ゲストで上沼恵美子さんさんが出演されたときです。

島田紳助さんが「海原千里・万里(上沼恵美子さんが組んでいた漫才のコンビ名)を見て、ノートに書き留めて分析してました。高校生であんな凄い人今いてないです」

とおっしゃってたんです。

それだけ、上沼恵美子さんに対して高く評価しております。番組中の島田紳助さん、松本人志さんもいつもよりは上沼さんをしっかり立てるようなトークの展開をしていたのが印象的でしたね。

このことからも上沼さんがM-1グランプリの一番右の席に座っている理由が分かる気がしますね。

現在、M-1グランプリにおける上沼恵美子さんについて悪い評判もありますが、大御所の芸能人の方がどう評価しているのかを考えながら見てみると、また違った印象になると思います。

まとめ

上沼恵美子M-1発言まとめ!審査員としての世間の評価・評判を調査

今回は、

「上沼恵美子M-1発言まとめ!審査員としての世間の評価・評判を調査」についてお届けしました。

今や上沼さんの発言も含めて楽しむM-1になっていますから、今年も目が離せないですね。

M-1の面白いところは決勝に残った漫才師だけでなく審査員も評価されるとことが面白いですね。

瞬間最高視聴率が20%超える時もあるぐらいですから、今や国民的な一つのイベントと言っても過言ではありません。

しかし、あくまでも主役は切磋琢磨して頑張っている漫才師です。

漫才師たちとって最高の舞台となるよう、陰ながら応援しています。

ABOUT ME
Taka
Taka
サイト管理人のTakaです!このサイトでは、「話題の情報」をご紹介しています!複数のライター様の趣味嗜好も取り入れたサイト運営を心がけておりますので、記事ごとによって違った楽しみを感じていただけるはずです。じっくりとご覧下さい^^