芸人

赤もみじ|ネタの芸風は?芸歴・プロフィールを紹介!人気の評価は?

最近突如として現れた漫才の新星、「赤もみじ」さん

なにかと話題になってきているようですね。

漫才頂上決戦と言われるM-1ブランプリで、2019年は準々決勝まで勝ち進み、残念ながらここで敗退しています。

ですがそのM-1グランプリの予選大会で、突然注目を浴びたようです。
赤もみじさんとはいったいどんな人なのでしょうか?

赤もみじさんは、男性二人のコンビ芸人で、芸風は漫才ですね。

 

では漫才師「赤もみじ」さんのプロフィール含め、人気の評価などを詳しく調査していきます。

ネタの芸風は?芸歴・プロフィールを紹介!

ネタの芸風は?芸歴・プロフィールを紹介!

「赤もみじ」のお二人のプロフィールを紹介していきますね。

コンビ結成は2016年5月18日となっていますが、芸歴自体は二人とも調べても出て来ませんでした。

芸風は漫才で、マキセ芸能社に所属しています。

M-1グランプリには2016年から出場していますから、結成してすぐに参加したことになります。
ただこの2016年と2017年は1回戦で敗退していますね。

そして2018年に2回戦で敗退し、2019年に準々決勝まで勝ち進み、敗れています。

ここで二人の漫才が急激に注目を浴びることになりました

どんなネタで受けているのか調べてみると、「言いがかり」から始まるネタが多いようですね。

澤部渡さんのTwitterでも紹介されていました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

では一人ずつプロフィールを紹介していきますね。

最初は、田村 大樹(たむら だいき)さんです。

1994年10月5日生まれで、出身地は岡山県赤磐市です。

・身長177㎝・体重78㎏・B89.8㎝・W80㎝・H101.5㎝・足28.0㎝

・学歴は大阪府立大塚高等学校卒業

・資格は英語検定4級・白蓮空手1級

・趣味はバッティングセンター・ダーツ・競馬・パチスロ・など

・特技は水を飲むのが異常に速い

・その他、お年寄りに気に入られやすい

次は、阪田ベーカリー(さかたべーかりー)さんです。
阪田さんの本名は阪田 篤志(さかた あつし)さんですね。

・1995年12月26日生まれで、血液型はA型・出身地は大阪府泉佐野市です。

・身長172㎝・体重60㎏・B86.4㎝・W74.5㎝・H92.6㎝・足26.5㎝

・大阪商業大学堺高等学校卒業

・普通自動二輪車免許取得

・趣味はパン作り・料理・ゲーム・ツーリング・物件サイトを見る

・特技はPCを一から組み立てられること・ゲームの実況

https://www.maseki.co.jp/talent/akamomiji

 

プロフィールを見ても分かる通り、お二人ともまだ若いですが、M-1グランプリに4回もエントリーしています。

田村大樹さんが1994年生まれということは、2019年現在で25歳ということですよね。
阪田ベーカリーさんは1995年ですから、24歳ということです。

今後二人がどんどんメディアに出るようになったら、今よりもたくさん「赤もみじ」の二人の情報を知ることが出来るかもしれませんね。

「赤もみじ」人気の評価は?

「赤もみじ」人気の評価は?

「赤もみじ」人気の評価は現在どうなのでしょうか?

では人気が急上昇の漫才師、赤もみじさんの評価を見ていきますね。

ネットで二人の漫才を視聴した人たちの感想です。

総合的には「面白い」という意見が多く、とても評価が高かったです。

「暴論が面白すぎる」「マセキユースの中で一番面白い」「喋りが自然でめちゃくちゃ面白い」「しっかり漫才上手」などという高評価が上がっていますね。

最近話題となったばかりの新鮮さもあり、視聴者は興味深々といった感じで、「これからに期待」という意見も見られました。

期待を持たれるということは、それだけ二人の漫才が面白いということなのでしょうね。

また、「えぐいウケ方」や「少しツッコミがくどい」というような意見もありました。

先にお伝えした通り、どんどん「言いがかり」と「決めつけ」で会話が進んでいく漫才ネタです。

それはきっと幾つかのネタを見ても同様であるため、二人の芸風でもあり、スタンスなのだと思われます。

そういった芸風を面白いと受け取る人もいるし、えぐいウケ方だと受け取る人もいるということで、視聴者の評価も分かれますよね。

ちなみに私は「赤もみじ」さんの漫才を視聴して、若いのにきちんと漫才やっている人たちだなと思いました。
それから、今後まだ伸びるだろうなと、思いながら動画を観ました。

お笑いの中でもM-1グランプリは、漫才コンビなら誰もが憧れる舞台ですよね。
「赤もみじ」さんはまだお若いので、これからもチャンスはたくさんあります。

視聴から期待する良い評価も多いですから、今後もM-1グランプリの頂点目指して頑張ってほしいですね。

まとめ

最近注目を浴び始めている赤もみじの二人、いかがでしたでしょうか。

二人はこれからもっと注目を浴びていくコンビだと思います。

M-1グランプリのエントリーを見ても分かりますが、どんどん上位に勝ち進んで来ていますよね。

是非、決勝の舞台で最高の漫才をしている姿を見てみたいですね。

では、これからの新星「赤もみじ」に期待をしながら応援していきたいと思います。