女優

【本田翼】ゲーム実況の評価や人気がすごいwオススメ動画も紹介!

女優の本田翼さんのゲーム実況の人気がすごい!との噂があり、興味津々、調べてみました。

人気女優がオンラインゲームの実況をする、、、というのは、あまり聞かないかと思います。

生実況で視聴者が10万人を超えたという、、、この人気と、そのゲーム実況への評価の高さは、異常かと思われましたが、百聞は一見にしかず、、、その本田翼さんの実況動画を見れば、なるほど、、、と納得できました。

それでは、本田翼さんのゲーム実況やオススメ動画について紹介してゆきます。^^

ゲーム実況の評価や人気がすごいのは何故?

↑の動画を見ると、本田翼さんの「ゲーム愛」がひしひしと感じられるかと思います。

ドラクエのゲーム内カジノで一日中、昼から夜まで、延々と、、、コインを稼いでおられたようです(笑)

そうすると寝不足になるそうですが、、、それを語る本田翼さんのなんと生き生きとしていることでしょう!
どうやら、「空飛ぶベッド」が欲しいようですねw  こうした願い、、、、夢があってとてもいいと思います。

「私からゲームを取ったら、とてもつまんない人間になってしまう、、、」ともおっしゃられています。
人気女優として、こんなことを言うべきなのか、、、とも思うのですが、、、

ということで、この動画を見るだけでも、本田翼さんが、「本当にゲームを愛している」ことがよくわかりますね。

別のインタビューでは、「ゲーム開発が夢」だと語っておられましたし、、、その構想は、すでにご自身の頭の中にあるようです。(女優として活躍するより、ガチでゲーム開発したいのかもしれませんねwww)

それでは、実際に見てみないとわからないでしょうから、、、本田翼さんのゲーム実況のオススメ動画を紹介してゆきますね。

合わせて読みたい:【本田翼】声優の評価がヒドイw下手クソだと話題に?ネットの反応も

本田翼さんのゲーム実況オススメ動画も紹介!


そもそもがこれは「Dead by Daylight」というホラーゲームですのでオススメといっても閲覧注意なので、、、自己責任で見てください。血とかそれなりに流れますので、、、(苦笑)

しかし、、、なぜか、本田翼さんの「ガチなゲーム愛」が自然と伝わってきて、ゲーム実況を聞いていると不思議に癒されるんですよ。ゲームしているのが実に楽しそうで、、、。

ゲームの危機的状態で、反射的に出てくる本田翼さんのいろいろなセリフがまた人気で評価が高いです。これが素の本田翼さんなのかもしれませんね。(笑)

↑の動画は、本田翼さん本人が編集されたそうです。

↑ 「Dead by Daylight」(本田翼さんの編集抜きバージョン)

このAPEXという戦闘系のゲームでは、本田翼さんの部隊が毎回全滅しまくっているんですけど、、、それでもゲーム実況が楽しいですね。ゲームが下手でも本田翼さんは、全然めげないんですよ。

本田翼さんがゲーム実況をはじめた理由は?

この本田翼さんのゲーム実況は、「ゲーム機が普及してほしい、、、でないと次の新作ゲームが出てこないから」という思いがあって始められたようです。

つまり、もっと新しいゲームをしたい、、、し続けたい、、、という新作を待ち望む「ゲーム愛」からはじめられたということのようです。

「ほんだのばいく」というYouTubeのチャンネル名も自分で決め、かわいいバイクのロゴも、ご自身で描かれたそうです。

結果的に、生実況参加者が10万以上、YouTubeのチャンネル登録者数がおよそ100万!というとんでもない人気YouTuberにあっという間になられたわけですが、動画に広告などを一切入れていないので、ゲーム実況からの収入は、まったくなく、逆にゲーム実況の収支は、マイナスだということです。

そもそもすでに人気女優なので、わざわざ「ホラーゲームの実況」などをしなくてもいい立場にあるはずですし、一歩間違えば、批判殺到というリスクだってあるわけで、そうしたリスクを冒して身銭を切ってのホラーゲームの実況は、ガチな「ゲーム愛」がなければできないだろうなと思います。

そうした純粋なゲームが好き!という気持ちを感じるからこそ、ホラーゲーム実況なのに、多くの方が高い評価をされているのだと思われます。

ということで、ひたむきな「ゲーム愛」こそが、本田翼さんが、ゲーム実況をされた理由だと思われます。

まとめ

オススメ動画は、いかがでしたか? ホラーゲームの動画なのに、なぜか本田翼さんがゲーム実況すると楽しそうだと感じたのではないでしょうか?

残酷な感じのゲームなのに、ぜひ一緒に、やってみたい、、、と大人気となり、肯定的に評価をする声がたくさんあるのも納得できます。

ということで、今後の本田翼さんの「ゲーム愛」に、大いに期待しましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!