女優

綾瀬はるかのモノマネ「うさぎ」のやり方は?顔画像も紹介!

綾瀬はるかのモノマネ「うさぎ」のやり方は?顔画像も紹介!

今や国民的女優の綾瀬はるかさん。数々のドラマで大ヒットして、CMもひっぱりだこ!

綾瀬はるかさんの素敵だなと感じたところは自然体なところですね。

これだけ売れているのに、「私、すごいでしょ!」というような雰囲気が伝わってきません。

むしろ、バラエティ番組に出演している綾瀬はるかさんは、お茶目で天然な印象です。

素人目線ですが、「この人大丈夫???」と思ったことが何度かあります。(悪気はないです)

さてそんなお茶目で天然な綾瀬はるかさんですが、うさぎのモノマネが得意でそれにまつわるエピソードもあるみたいなので、そのやり方や顔画像なんかも詳しく調査していきます。

綾瀬はるかのモノマネ「うさぎ」のやり方は?顔画像も紹介!

まず、綾瀬はるかさんってうさぎのモノマネするの?と思った人もいることでしょう。

想像がつかない方もいると思いますので、こちらの顔画像を見てください。

綾瀬はるかのモノマネ「うさぎ」のやり方は?顔画像も紹介!

なんかもう笑えますよね。

国民的な女優さんなんだから、こんなことしなくもいいのに!って思わず言ってしまいそうになります。

でも、ここが綾瀬はるかさんの素敵なところですよね。

どんな時でもテレビを見ている人たちを楽しませたい!って心から考えているような表情をします。

やり方としては、前歯で下唇を噛んで、上唇を突き出してプルプルさせるようです。

もぐもぐさせているので、本当にうさぎが草を食べているように見えます。

友達に見せたら、「綾瀬はるかがやるからいいんだよ!」って言われました。

綾瀬はるかさんのような美人さんがするとギャップが生まれるからいいんだよ!って。

これには納得せざるを得ませんでした。

最近、ギャップという言葉がよく使われるようになりましたが、視聴者が多くを求めていて、女優さんに関しても色んな事ができる人が求められている気もします。

特にお笑いに関することができると、バラエティ番組でも使いやすく、同時に好感度も上がるので、一石二鳥にも三鳥にもなりますね。

モノマネは多少クオリティが低くても突っ込みどころがあればそれだけ笑えますし、共演者も視聴者も好印象になります。

続いては、綾瀬はるかさんの今後のキャリアについて興味深いニュースを見たので、少し紹介したいと思います。

綾瀬はるかさんはポスト吉永小百合になる!?その真相とは!?

綾瀬はるかのモノマネ「うさぎ」のやり方は?顔画像も紹介!

吉永小百合さんと言えば、長年の日本の芸能界を引っ張ってきた存在です。

今と違ってそんなに芸能人がいなかった時代の女優さんなので、まさに本物の女優さんだと言えます。

そんな綾瀬はるかさんと吉永小百合さんにはある共通点があるそうです。

それは、反戦反原爆に関するお仕事をしていることです。

日本の芸能界はあまり、戦争とか平和に関して積極的な方が少ない印象ですが、平和に関して発言されたりと似ている部分があるため、芸能関係者の間では

「ポスト吉永小百合」と言われているそうです。

それに加えて、綾瀬はるかさんが紅白歌合戦の司会を務めるなど、国民的な女優としてふさわしい仕事をたくさんしていることがとても大きいです。

また、令和初の紅白の司会としても決まったこと、東京オリンピック関連のお仕事を引き受けるなど日本を象徴するお仕事が多く、所属事務所としても大きく力を入れているそうです。

とにかく好感度が高く、男性との交際に関する噂もほとんどない綾瀬さんであれば、ポスト吉永小百合と言われても、申し分ない実力を着々とつけているところですね。

まだまだ先は長いですが、これからも素敵な笑顔で日本中のファンを元気に明るくさせてくれる存在であり続けてほしいです。

まとめ

綾瀬はるかのモノマネ「うさぎ」のやり方は?顔画像も紹介!

今回は、

「綾瀬はるかのモノマネ「うさぎ」のやり方は?顔画像も紹介!」についてお届けしました。

綾瀬はるかさんのうさぎのモノマネは本当に笑えてきますよね。

やり方は簡単なのであなたもモノマネしてみてください。

個人的な話ですが、綾瀬はるかさんのことを好きになったきっかけは

『白夜行』というドラマです。

本当に怖かったという印象しかないですが、あの綾瀬はるかさんからは想像もできない雰囲気を漂わせていたのを今でも覚えています。

今振り返ると、綾瀬はるかさんって演技の幅が物凄く広いですよね。

綾瀬はるかさんというより、その役を好きになっていくというか、連続ドラマであれば、話が進むにつれて綾瀬はるかさんが演じている役を好きになっています。

これからもそんな演技を続けて、国民的女優に恥じない演技でファンを魅了し続けてほしいと願っています。