俳優

【動画】横浜流星は空手何段?いつから始めたの? 実力や戦歴も!

今、映画やドラマで大活躍をしている横浜流星さん。

そんな横浜流星さんですが、空手をやっていた事が話題になっていました。

横浜流星さんの空手は何段なのかやいつから始めたのかが気になります。

横浜流星さんの実力や戦歴についても気になります。

そこで今回は、【動画】横浜流星は空手何段?いつから始めたの? 実力や戦歴も!について調査をしていきます。

【動画】横浜流星は空手何段?いつから始めたの?

横浜流星さんの空手の段位は、初段だという事が分かりました。

初段って結構すごいですね!

空手を行う人にとっては、初段は目標で、黒帯なので誰しも憧れます。

横浜流星さんは、なんと中学生で初段になりました。

初段になる事自体が、険しく大変な道なのに中学生の時に初段になるなんてさすがとしか言えません。

空手の流派は、極真空手を習っていました。

横浜流星さんは、空手を小学校1年生の時から初めていて、目標は、K1に出る事でした。

空手を始めたきっかけとしては、親が横浜流星さんを強い男にしたいと思って、親が習わせたのだと思います。

小学1年生の頃から週5回練習をしていて、中学時代は芸能活動よりも空手の方を優先していました。

横浜流星さんは、ほぼほば毎日空手の練習をしていたので、「かなりきつかった」と語っていましたが、「驚異的なメンタルや集中力を身に付けた」と語っています。

道場は、実家近くの松伏道場です。

ちなみに、横浜流星さんの空手の得意技は、後ろ回し蹴りと膝蹴りです。

横浜流星さんが空手をやっている動画は、こちら!

横浜流星の空手の実力や戦歴も紹介!

横浜流星さんの空手の実力は、初段である事から実力はかなりある事が分かります。

中学3年生の時に、空手の世界大会で優勝をしていて、「2011第7回国際青少年空手道選手権大会」の13歳と14歳の男子55キロの部で優勝をしています。

世界大会優勝なんてすごいですね!

横浜流星さんは、「世界大会なんて嘘でしょ!」とよく言われて困るそうです。

その後にも高校1年生の時にも空手の世界大会で3位の成績をおさめます。

しかし、高校2年生以降はモデルの仕事などが忙しくなって、試合に出れなくなりました。

なので、空手は趣味程度にします。

世界大会などで活躍をしていたほどの実力があったので、少し残念な気持ちはありますが、現在俳優やモデルなどで大活躍をしているので、空手などの経験が生かされたのではないでしょうか!

横浜流星が菅田将暉に空手パンチ!

横浜流星さんと菅田将暉さんは、仲がいい事で有名ですが、ある日楽屋で菅田将暉さんが横浜流星さんに対して、「流星、お前極真空手やってたらしいやん。ちょっと打ってみいや」と言い、横浜流星さんは菅田将暉さんの持つミットに一発殴りつけたところ、菅田将暉さんの手が持たないほどの威力で、菅田将暉さんは驚きを隠せないほどでした!

横浜流星さんが芸能界きっての格闘家だという事が分かりますね!

いかがでしたでしょうか今回は、【動画】横浜流星は空手何段?いつから始めたの? 実力や戦歴も!について調査をしました。

横浜流星さんの空手の段位は、初段で、しかも中学生の内に初段になったという事が分かり、空手を始めたのが小学校の1年生である事も分かりました。

空手の実力についても中学3年生の時に、空手の世界大会で優勝をしていて、「2011第7回国際青少年空手道選手権大会」の13歳と14歳の男子55キロの部で優勝をしている事が分かりました。

菅田将暉さんと横浜流星さんとのエピソードでも横浜流星さんの空手の実力がすごいというが事がかなり分かりました。

今後の横浜流星の活躍に期待をしたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。